※記事内に広告を含む場合があります。

うつ病の病院の受診に抵抗があった

ライフスタイル

体調不良で夜が寝れなかったことが1ヶ月くらいつづきました。

そして、涙が止まんなくてずっと1日泣いている日も。

理由が自分でもわかんなくて辛かったです。

でも、病院に行くのってすごい抵抗があったんです。


病院に行くと言っても薬を出されるだけなのでは?
一生働けないのでは?
もう、恋愛も結婚もできない。一生一人で歩んでく人生なのでは?

色々なことが頭によぎりました。

体調不良の原因

コロナ禍で家ごもり

家にこもって家族以外の人と会わない生活。
最初は楽しかったのですが、時間が経つにつれて家にずっといるのが
辛くて。

人間関係

テレワークでの連絡もズームのみ。
心もやられました。

間違ったダイエット

糖質抜きダイエットを当時していました。
体重は減っていったものの心は謎にすり減っていて。
健康診断でも引っかかるし、最悪でした。

 

病院に行くのに時間がかかる

地元の病院

病院に行くことにとても抵抗があって。
時期も時期だったので、地元の病院は中々予約が取れなかったんです。

早くても、1ヶ月後とかで。

都内の病院に行く


寝れない日も続いたので都内の病院だったらすぐ行けるし
女医さんだったので、なんでも話せると思い行く決意をしました。

 

行ってよかったこと

電車移動ができなくなる

電車での移動はキツかったです。
電車に乗ると涙が止まんなくて、周りから白い目で見られました。
それでも、働かないとお金がないし。頑張って生きないといけない。
私を支えてくれる家族のためにも。
それに健康になって、以前のように友達と会って恋バナをしたりしたい。
そんな思いもあって、勇気を出して足を運びました。

心が楽になったこと

親にも心配をかけたくなくていえないことも沢山あって。
でも、ここは弱音を吐かないと自分のメンタル的なものもやられてしまうと思い
全部吐きました。

泣きながら話していましたが、先生が話を聞いてくれて。

辛いことや嫌なことを溜めちゃいけないなと思いました。

後悔したこと

実は体調不良の初期の時はヒドク落ち込んでいました。
ですが、仕事が忙しくなればどうにかなると思い
仕事に励んでいましたが、いつしかそれもできなくなりました。

なので、体調が悪い初期の時に我慢をせずに病院に行っておけばよかったって
後悔しました。

異変に気づいたらするべきこと

病院に行くこと

異変に気づいたら直ちに病院に行くべきだなと思いました。
自分で抱え込むのにも限界があって、一人では背負い切れませんでした。

 

家族に言う

当時は家族と暮らしていて、心配かけたくないという思いがあったので
体調不良のことが中々言い出せずにいました。

ですが、最初から家族に相談していればよかったと思いました。

現状

天候によって左右されることも時にはあります。
ベットに横になっていないといけない時もあるし、人と会うのも話すのもしんどい日があります。

でも、なんとか生きていて最近はよかったって小さな幸せを探しています。

感情に波もあります。忙しい毎日です。

 

しんどい心を支えてくれる本

 

 

しんどい心を支えてくれる本です。
最近はこの本が私の心の支えになっています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました